モンコレTCG 初心者マーク卒業の会
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第2話でスリーブの話になりましたので、閑話として「スリーブ」について説明します。
Q.スリーブって何?
A.カードを保護するために使用する入れ物です。
モンコレに限ったことではありませんが、カードが痛むのを防ぐためにスリーブを使用します。
特に価値の高いごく稀などを使用するデックの場合、必ずスリーブに入れて使用することをお勧めします。
カードの隅が剥げるなどの傷がついてしまうと、著しく価値が下がってしまいます。

なお、スリーブの大きさは2種類あります。
モンコレで使用可能なサイズは66~67mm x 92~93mm程度の「スタンダード」となります。
スリーブによって若干サイズが違いますが、その1mmでカードの入れやすさなどがかなり違うので、いろんなサイズのスリーブを使ってみることをお勧めします。
個人的な感想としては、67mm x 92mm のものがカードを入れやすくて一番よいのではないかと思っていますが、人それぞれ好みがあるかと思います。


Q.スリーブにはどんな種類があるの?
A.大きく分けて透明スリーブ・不透明スリーブがあります。
実際にスリーブを見てみましょう。
写真の上段が裏側、下段が表側です。



【一番左側】
無色透明のスリーブです。
1枚あたりの単価が安いので、カードの保管用に向いています。
大会によっては「不透明スリーブ使用が必須となる」場合がありますが、その大会では使用できません。

【左から2番目】
色はついていますが、透明スリーブです。(うっすらとカードの裏面が見えているかと思います)
これも「不透明スリーブ」ではないので、一部の大会で使用することが出来ません。

【右から2番目】
不透明スリーブです。
裏側(不透明加工となっている側)や側面から見て、他のカードと区別がつかないようであれば大会で使用することができます。

【一番右側】
不透明のキャラクタースリーブです。
裏側が不透明加工となっており、さらにキャラクターがプリントされています。
モンコレには有名なイラストレータがイラストを手がけたカードが多数存在している関係で、キャラクターやイラストに造詣の深い人も多く、このようなキャラクタースリーブを使うプレイヤーもいます。
ただ、どちらかというとそのようなキャラクターをモチーフにしたカードゲームで利用されることが多いように見受けられます。(あくまで主観です。)
一応不透明スリーブなので、全てのカードが同一のスリーブであれば大会でも使用できます。
裏側にプリントされているキャラクターの性格や特徴と、デックのコンセプトを合わせるといった使い道もできます。
(例えば、吸血鬼キャラクターである「千堂 瑛里華」のスリーブを使った「ヴァンパイア」メインのデックとか。)


管理者のみ閲覧可

TrackBackURL
→http://moncollesyosinsya.blog91.fc2.com/tb.php/30-8d52a0e7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。