モンコレTCG 初心者マーク卒業の会
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第2話では、モンコレの大会について解説します。
ジャッジの主な仕事は、モンコレの大会で審判を行うことですので、その大会について説明します。
今まで大会に参加したことがない人もいるかと思いますので、大会に参加するために必要な知識を中心に解説を入れていきます。
Q.大会ってどこでやってるの?
A.主に、カードショップで行われています。
モンコレの大会は、モンコレのカードを取り扱っているカードショップで行われています。
有名なところでは「イエローサブマリン」や「ファイアボール」などがあります。
具体的な日程については、公式サイトに日程・場所・試合形式などが月ごとに掲載されていますので、そちらを見てください。


Q.どんな大会があるの?
A.公式大会、公認大会、非公認大会の3種類があります。
公式大会・・・株式会社ブロッコリーが主催する大会です。
全日本選手権やアニバーサリーカップなどは公式大会です。
参加者も多く、賞品としてプロモーションカードもあるので、賑わいのある大会が多いです。
ですが、大会のレベル自体が高いことも多く、初心者には若干敷居が高いかもしれません。

公認大会・・・上述の店舗や個人が主催する大会のうち、株式会社ブロッコリーに開催申請をして認められた大会です。
公認大会だと、株式会社ブロッコリーからプロモーションカード(通常のカードとイラスト違いのカード)が配布され、公式ホームページで日程や場所、大会の形式などが告知されるようになります。
大会にもよりますが、参加するだけでプロモーションカードがもらえます。大会に優勝すれば、さらにレアなプロモーションカードがもらえます。
比較的頻繁に行われておりますが、地区や日程によっては参加者がいないなんてこともあります。
いわゆる常連と呼ばれるメンバーが参加することも多く、公式大会に比べてカツカツとした雰囲気がない(注意:あくまで私の主観と経験です。)ので、胸を借りる感じで参加する初心者さんも時折見かけます。

非公認大会・・・株式会社ブロッコリーに申請していない全ての大会です。
大会の内容や雰囲気、賞品などは個々の大会でかなり違いますので、実際にその大会の詳細を主催者に確認したほうがよいでしょう。


Q.どんな大会があるの?
A.スイスドロー方式・構築戦と呼ばれる試合方式の大会が主流です。
大会によって異なりますが、多くの大会はGレギュレーション・スイスドロー方式・構築戦という形式です。

【レギュレーション】
Gレギュレーションとは、公式で告知されたカードセットのみデックに投入可能なデック構築方式です。具体的なカードセットについては、公式サイトを見てください。
他にはSレギュレーションやAレギュレーションなどのデック構築方式がありますが、詳しくは割愛します。

【大会方式】
スイスドロー方式とは、参加者の人数に応じて試合回数が変わり、試合の勝利方法によって得られるポイントが変わる勝ちポイントがもっとも多い選手が優勝となる形式です。
4名以下の場合は総当り、4~8名なら3回戦、9~16名なら4回戦・・・という形で試合回数が増えていきます。
勝利ポイントについて、たとえば本陣陥落して勝った場合と山札切れで判定勝ちの場合とでは大きくポイントが違ってきますので、試合の進め方も重要になります。
他にはシングル・エリミネーション方式(いわゆるトーナメント戦で、高校野球などのように、勝ち抜きの試合形式)やリーグ方式(いわゆる総当り戦)、フロアルールに記載されていない方式だとランブル方式(試合回数の制限がなく、制限時間内により多くの勝利を重ねたプレイヤーが優勝)などがあります。

【試合形式】
構築戦とは、あらかじめ作っておいたデックで試合を行う形式です。他にはシールド形式(モンコレの未開封パックを利用し、開封して出てきたカードのみを利用してデックを構築する形式)、ブースタードラフト(シールド形式と似たような形式ですが、開封したパックのカードを所定のルールで参加者がピック(カードを選択)してデックに組み入れる形式)などがあります。


Q.大会に参加するときに準備しておいたほうがいいものは?
A.ルールを把握し、必需品を準備してから参加しましょう。
大会に参加するにあたって必要なものは、大きく分けて2つあります。
【プレイヤーの義務】
参加するプレイヤーの義務として、以下のものがあります。
・ルールを把握すること。
・ジャッジや主催者などの下すルールに従うこと。
・スポーツマンシップに則った行動をとること。

【必要なもの】
大会で必要となるものをリストアップしておきます。
・試合用のデック(デックはスリーブと呼ばれる入れ物に入れておくこと。スリーブは不透明であること。)
・ダイス数個(デックにもよるが、2~3個あるとよい。コアトルを使ったデックのような、多くのダイスを振る場合はさらに個数を準備しておくのが望ましい。)
・筆記用具(試合結果やデックリストを記載するのに必要となります。)

スリーブについては、別途項目を立てて説明します。
これらの準備をしっかりしたうえで、大会に参加してみてはいかがでしょうか?
きっと、普通にプレイするのとはまた一味違ったものになるでしょう。


管理者のみ閲覧可

TrackBackURL
→http://moncollesyosinsya.blog91.fc2.com/tb.php/29-b8753ea3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。