モンコレTCG 初心者マーク卒業の会
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<問題>
自軍PTが1体以上生存した状態で戦闘が終了すること。
生存させるユニットはどちらでもよい。

<状況>
リミット8の代理地形。
戦闘開始時は以下のような状態。
自軍PT:ドラゴンヘッド、スネークヘッド
  手札:3枚、封印の札、ウォーターディスラプト、プロテクション
敵軍PT:アーマーン抜刀隊、深き森の騎兵団、七つの海の王子
  手札:1枚、滅びの粉塵、封印の札、魔力のスクロールのいずれか1枚。

敵軍PTが先攻。
普通タイミングで深き森の騎兵団がドラゴンヘッドに「連射」を使用したところから。
(連射に対抗するかどうか、対抗するのであれば何を使うか。)


<カードテキスト>
ドラゴンヘッド 水5/5/4 アイテム1
(行動完了)水中反撃[対抗:攻撃限定|チェイン] パーティ1つが対象。対象が攻撃に参加している場合、【このユニットの攻撃力】ダメージ。

スネークヘッド 水3/3/2 スペル水
(行動完了)水中反撃[対抗:攻撃限定|チェイン] パーティ1つが対象。対象が攻撃に参加している場合、【このユニットの防御力】ダメージ。

アーマーン抜刀隊 水3/3/2 アイテム1 スペル水
(自爆)特別攻撃[普通/対抗] ユニット1体に、【このユニットの攻撃力】ダメージ。

深き森の騎兵団 土3/2/3 チャージ2 スペル土
(行動完了)連射[普通/対抗] ユニット1体に、【このユニットの攻撃力】ダメージ。

七つの海の王子 水2/2/2 アイテム1
(行動完了)海の怒り[普通/対抗] ユニット1体に、「チャージ:対象ユニットの攻撃力/ディフェンダー:対象ユニットの攻撃力の2倍」を与える。

ウォーターディスラプト 戦闘スペル コスト水
[普通/対抗](対象:ユニット1体)対象が「属性:水」の場合、【1D+2】ダメージ。
[対抗:戦闘スペル限定]対象が使用している「属性:水」の戦闘スペルを1つ選び、破棄する。

<ヒント>
「対抗できる」というのは、「対抗しなければいけない」ということではない。
「対抗できるけどしない」というのも1つの戦術。


答えが↓に表示されてないときは、「続きを読む」からどうぞ。
<解答例>

普通タイミングで、深き森の騎兵団がドラゴンヘッドに特殊能力「連射」を使用。
対抗でドラゴンヘッドが深き森の騎兵団に「封印の札」を使用。
対抗で七つの海の王子が「封印の札」に「滅びの粉塵」を使用で対抗終了。
対抗連鎖を解決すると、ドラゴンヘッドが死亡して破棄される。
その後は2パターンあり。
(パターン1)
攻撃してきた場合は対抗でスネークヘッドが敵軍PTに特殊能力「水中反撃」を使用。
対抗でアーマーン抜刀隊がスネークヘッドに特殊能力「特別攻撃」を使用。
対抗でスネークヘッドがアーマーン抜刀隊に「ウォーターディスラプト」を使用で対抗終了。(ダイス目は何でもよい)
対抗連鎖を解決すると、アーマーン抜刀隊、七つの海の王子が死亡して破棄される。
結果として、スネークヘッド1体は生き残る。
(パターン2)
普通タイミングでアーマーン抜刀隊がスネークヘッドに特殊能力「特別攻撃」をしてきた場合は対抗でスネークヘッドがアーマーン抜刀隊に「ウォーターディスラプト」を使用で対抗終了。
対抗連鎖を解決するとアーマーン抜刀隊が死亡して破棄される。
その後、攻撃しても特殊能力「海の怒り」を使用しても、スネークヘッド1体は生き残る。

<ポイント>

・ドラゴンヘッドが対抗で封印の札を使う。
・ウォーターディスラプトは、相手の特別攻撃を見てから使用する。

<解説>

初手がプロテクションの場合、第2回の問題と同手順で全滅します。
封印の札で対抗した後、対抗してきた七つの海の王子を落とすべくウォーターディスラプトを使用してしまうと、特別攻撃の餌食となって全滅してしまいます。
また、封印の札すら使わなかった場合、ウォーターディスラプト、プロテクションに対抗で魔力のスクロールを使用され、全滅してしまいます。
「対抗できるけどあえてスルーする」というテクニックで対抗数を稼ぎ、対抗勝ちするというテクニックを駆使する問題でした。

この問題は見てのとおり、第2回の状況を敵・味方逆転させた問題です。
第2回の問題と違うのは、敵軍PTにプロテクションがあるかないかの違いです。
第2回の解答例ではプロテクションを使用しませんでしたが、プロテクションが手札にないと全滅させることができなくなります。
管理者のみ閲覧可

TrackBackURL
→http://moncollesyosinsya.blog91.fc2.com/tb.php/25-01cdea57
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。