モンコレTCG 初心者マーク卒業の会
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は情報提供いただいたということで「特殊進軍の有用性」についてです。
Gレギュになって、特殊進軍といえば「代理地形」、「タイプ道」、「誰もいない地形」の3種類の地形へ進軍できる特殊能力や、特定のユニットをその地形に進軍させることができる地形が主だったところです。
他にも海皇神ポセイドンや珊瑚の王女も便利な特殊進軍能力を持っていますね。

それでは、特殊進軍の有用性について見ていきましょう。
Q.特殊進軍って何?
A.ユニットの進軍タイプで進軍可能な場所以外にも進軍できるようになる効果です。
通常、ユニットの進軍タイプによって進軍可能な場所が決まります。
歩行だと十字隣接、飛行だと十時隣接+斜め4方向、長距離飛行だとさらに一足飛びで進軍できるようになります。
特殊進軍は、進軍タイプに関係なく、特定の地形への進軍を可能とします。


Q.特殊進軍はどんなものがあるの?
A.大きく分けて2種類の効果があります。
特殊進軍は大きく分けると、2種類の特殊進軍があります。

1つ目は、「ある条件を満たす地形へ進軍できるようになる」効果です。
主に、ユニットの特殊能力による特殊進軍です。
これはたとえば、「誰もいない地形」や、「タイプ:道の地形」、「代理地形」へ進軍できる、という感じです。
特に、誰もいない地形へ進軍できる特殊能力の場合、敵軍本陣でも「誰もいない地形」であれば進軍することができ、その時点で即座に勝ちとなります。
なお、誰もいない地形へ進軍できる特殊能力は「深海移動」、タイプ道や代理地形へ進軍できる特殊能力は「地中移動」(もしくは土中移動)と呼ばれれています。

2つ目は、「ある条件を満たすユニットがこの地形に進軍できるようになる」効果です。
主に、地形(第9話では進軍補助地形と呼んでいた地形)の効果による特殊進軍です。
Gレギュでは、特定の属性のユニットがその地形へ進軍可能となる「燃え上がる炎」や「灼熱の守護門」などがあります。
昔はもっといろんな種類の地形(大昔だと「星を掴める距離」など)がありましたが、現在のレギュレーションでは使えません。


Q.それじゃ、どうやって特殊進軍を使っていけばいいの?
A.奇襲が主な用途ですが、それ以外の使い道もあります。
ユニットの特殊能力による特殊進軍については、いっきに戦場を移動できることを利用して、戦力の手薄な地形に特攻をかけるという使い方をすることが一般的です。
特攻をかけずとも、単に戦力を展開するために特殊進軍を使う、という方法もよく行われます。
また、特殊進軍をもつユニットが存在するだけで、相手へプレッシャーをかけることもできます。
たとえば、深海移動を持つユニットが戦場に存在する場合、本陣を空にすることができなくなります。
同様に地中移動を持つユニットが戦場に存在する場合は、配置した代理地形に直接進軍されるため、代理地形を配置しづらくなります。
特殊進軍は攻撃一辺倒とうわけではありません。
守備的な使い方としては、海皇神ポセイドンや珊瑚の王女など、戦力を補強するために特殊進軍を行うこともできます。

進軍補助地形を利用した特殊進軍の場合は、第9話でも説明したように戦力をいっきに送り込み奇襲をかける使い方が一般的です。
灼熱の守護門などは吹き抜ける風などとコンボで使うことで特攻をさせることもできますが、地形を連続で配置して相手本陣の真横にいっきに戦力を送り込む戦法は非常に強力です。
地形の張替えさえされなければ、継続的に戦力を補給しつづけることが可能になるので、相手からすれば非常に嫌らしい地形になります。

ただし、いずれの特殊進軍も「戦力が増えるわけではない」ことに注意してください。
手薄な拠点を狙うことで相対的に戦力を増加させることもできますが、それは特例であることを念頭におかないと返り討ちにあうこともあります。

一見すると地味な特殊進軍ですが、うまく使えば戦闘に勝利しなくても状況を好転させることができます。
使い手を選ぶという意味では、”いぶし銀”といったところでしょうか。



ここから先は完全に余談ですので、お時間のある方だけお付き合いいただければと思います。
英雄王の星誕で「大砂蟲」が復刻されました。
私は昔から「大砂蟲」が大好きで、ロマンあふれる逆転劇やミラクルの立役者として活躍したユニットでしたので、カードセット発売前に復刻すると聞いて小躍りするほどでした。
しかし、実際に復刻したカードを見てみると、残念な改訂が加えられていました。
それが「特殊進軍の削除」です。
昔の大砂蟲は、地中移動(道と代理地形に進軍する特殊能力)を持っていましたが、復刻した大砂蟲からは削除されています。
8/10/10という圧倒的なパワーは初代大砂蟲から変わらず引き継がれていましたが、特殊進軍がなくなってしまい、トリッキーな動きが出来なくなってしまったのが本当に残念です。
代理地形への特攻はもちろん、道・代理地形以外の地形にいる(昔の大砂蟲は、道・代理地形以外の地形に進軍する場合、手札を全て破棄する必要がありました。)からといって安心しきってる相手に特攻したりと特殊進軍の強さを実感できる良ユニットだったのですが。。。

以前の大砂蟲は、「モンコレを代表するモンスター」といっても過言ではないでしょう。
ただでさえ小型や中型がワラワラ出てくるデックが強いこの時代だからこそ、魅力あふれる”カリスマ大型ユニット”が登場することを切に願うばかりです。


管理者のみ閲覧可

TrackBackURL
→http://moncollesyosinsya.blog91.fc2.com/tb.php/24-0b98669e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。