モンコレTCG 初心者マーク卒業の会
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デックを構築する際、普通のデックであればアイテムか戦闘スペルのどちらかを入れることになります。
普段から何気なく利用しているアイテムと戦闘スペルですが、それらの特性を活かせていますでしょうか。
そんなアイテムと戦闘スペルの違いについて解説します。

なお、ここで言うアイテムは「消耗品」限定で話を進めることにします。
Q.アイテムも戦闘スペルも同じようなもんじゃないの?
A.それぞれ特性が異なるので、使い方などが変わってきます。
アイテムも戦闘スペルも、手札から使うことには違いないのですが、いろいろな点で違いがあります。
アイテムと戦闘スペルの表にまとめてみました。


 アイテム戦闘スペル
属性の有無ないある
ユニット1体あたりの枠基本的に1枠1~複数あり。
攻撃系(※1)のカード少ない多い
補助系(※2)のカードそこそこそこそこ
打ち消し系(※3)のカード多い少ない

(※1)相手にダメージを与えたり、ユニットを除去するようなカードを指す。
(※2)攻撃力や防御力を上げたり、死ななかったりするようなカードを指す。
(※3)相手の使用したカードの効果を打ち消す効果のあるカードを指す。


Q.違いがあるのは分かったけど、それがどう影響するの?
A.デック構築時の方向性やユニットの選択に大きく影響します。
アイテムの大半は補助系と打ち消し系に分類されます。
特に、御三家と呼ばれる封印の札・滅びの粉塵・魔力のスクロールは非常に強力な打消し系のカードです。
魔力のスクロールはディスペルマジックという代用カードがありますが、封印の札、滅びの粉塵は戦闘スペルでは代用しづらいカードです。
前者はプラズマインパクト、後者はフラッシュデトネイターやウェポンブレイク、ティンダーストライクといったカードがありますが、どちらも打ち消し系としては不十分です。
補助系のカードは怪力の薬や強靭の薬に代表される攻撃力・防御力を強化するカードが揃っています。
これらのカードは特に大型のユニットと相性がいい傾向にあります。
他にもカルバレットの閃光玉や眠りの粉など、ユニットを行動完了にするカードもあります。
逆に、攻撃系のカードは有用なカードが少なく、モロトフ火薬瓶や鋼鉄の処女等、くせのあるカードが多いです。


戦闘スペルは攻撃系のカードが豊富です。
フレイムストライク、フルムーンタイド、ペトリフィケーション、ウィンドカッター、ディヴァインオーダーといった即死効果のあるカードをはじめ、対抗でダメージを与えられるカードも数多くあります。
また、対抗不可であるゲヘナフレアーやニードルシャワーも、アイテムにはないカードです。
補助系のカードも、プロテクション、スマッシュのような攻撃力・防御力をあげるカードをはじめ、ゴッドウィンド、キュクレインフラッド、ブラックフォッグなど頻繁に見かけることができます。
一風変わったカードとしては、バーンアウト・クリティカル・デッドホールなどの攻撃系カードを補助するカードがあります。
これらのカードは、攻撃的なカードの多い戦闘スペルと非常に相性がいいカードです。
逆に、打消し系のカードはディスペルマジック、フラッシュデトネイター、ウェポンブレイクや各属性のディスラプト系(同じ属性の戦闘スペルを打ち消す効果があります)等が存在しますが、御三家と呼ばれるほどのカードは揃っていません。
特に特殊能力に対抗できるカードが少なく、特殊能力を打ち消すことができるカードは2009年9月現在では存在しません。
(ヒュプノシスで行動完了にしたり、プラズマインパクトでダメージを与えるようなものはありますが、効果を打ち消すわけではありません。)


アイテムをメインにする場合、自分のやりたい行動をするために相手の行動を打ち消すような戦略になります。
例としては、先攻を取って攻撃をし、攻撃を通すためにアイテムでキャンセルしていくタイプのデックということで、バードマンやオーク+ミノタウロスを主力にしたデックがあります。
他にも、攻撃対抗が潤沢にある水スペルを通すためにアイテムを利用するデックということで、水バランスと呼ばれるデックがあります。

戦闘スペルをメインにする場合、ある程度属性を限定する必要があります。
どの属性でも使用できるマルチスペル枠もありますが、黒曜蟲の存在を考えるとそれだけに頼るわけにもいきません。
また、マルチスペル枠を持つユニットは聖・魔属性に多く、昔からある場所にも気をつける必要があります。
戦闘スペルは6種類の属性がありますが、2属性であればどのように組み合わせてもさほど問題は発生しません。
ただ、ユニット1体が持つスペル枠の種類は1~2種類であることが多く、3種類以上組み合わせる場合、マルチスペルを利用するのが無難です。
戦闘スペルを利用したデックの傾向は戦闘スペルの属性をどのように組み合わせるかで千差万別ですので、ここでは割愛します。


Q.どんなカードがよく利用されてるの?
A.カードの種類、属性ごとにまとめてみました。
アイテム・・・御三家、強靭の薬or金剛丸
火スペル・・・フレイムストライク、フラッシュデトネイター、フレイムタイド
水スペル・・・タイダルウェイヴ、キュクレインフラッド、ブルーメイルシュトローム
土スペル・・・サンドカーテン、ブライアーピット、ウェポンブレイク、グリンウィンドララバイ
風スペル・・・ウィンドカッター、ゴッドウィンド、サプライズウィンドorメズマライズ、ヒュプノシス
聖スペル・・・ディスペルマジック、プラズマインパクト、リザレクション
魔スペル・・・ブラックフォッグ、クラウドキル、テラーハンド、デッドホール


管理者のみ閲覧可

TrackBackURL
→http://moncollesyosinsya.blog91.fc2.com/tb.php/18-24ef4fe3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。