モンコレTCG 初心者マーク卒業の会
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モンスター・コレクションTCG 全国大会「モンコレ甲子園2011冬」

大阪・岡山・博多・東京・横浜・仙台・札幌・名古屋

ブランニュー構築
甲子園デック構築ルール
同一名称のカードは、2人で合計3枚までデックに組み込めます。
2人で合計4枚以上デックに組み込むことはできません。
ただし、「構築ルール:デックに50枚まで組み込める。」を持つカードは、
それぞれのデックに各50枚まで組み込めます。(「ルビー・アイドル」など)


重要事項

事前募集の受付期間があるようです。


10/1(土)開催 大阪大会 (9/26(月)11:59まで)
 10/8(土)開催 岡山大会 (10/3(月)11:59まで)
 10/15(土)開催 博多大会 (10/11(火)11:59まで)
 10/22(土)開催 東京大会 (10/17(月)11:59まで)
 10/29(土)開催 横浜大会 (10/24(月)11:59まで)
 11/5(土)開催 仙台大会 (10/31(月)11:59まで)
 11/12(土)開催 札幌大会 (11/7(月)11:59まで)
 11/19(土)開催 名古屋大会 (11/14(月)11:59まで)


応募はこちらから出来るようです。
スポンサーサイト
この問題は、「くろうど」様よりご投稿いただきました。
この場を借りてお礼申し上げます。

<問題>
この戦闘に勝利すること。
(敵軍ユニットを全滅させ、自軍ユニットが生存していること。)

<状況>
リミット8の野生の王国
戦闘開始時は以下のような状態。
自軍PT:真珠の人魚姫メディア
手札:封印の札、滅びの粉塵、ディスペルマジック、水属性のユニット3枚の合計6枚。

敵軍PT:真珠の人魚姫メディア、ナーガの龍剣士
手札:水属性のユニット6枚。

元コンビニ店員の森田さんのブログ

敵軍PTが先攻。
敵軍が攻撃を宣言したところからスタート。

<ヒント>
普通は、対抗連鎖は後に宣言したほうが優先されるが、種族変換コンボに限っては先に種族変換したほうが優先される。
ただ闇雲に宣言したのでは、種族変換コンボは簡単に止められてしまう。
また、ナーガの龍剣士の特殊能力が効果を発揮するような状況になってしまうと、単体で殴り殺されてしまうことに注意。

答えが↓に表示されてないときは、「続きを読む」からどうぞ。
<問題>
ジャッジメントが生存したまま、戦闘が終了すること。

<状況>
リミット8の代理地形。
戦闘開始時は以下のような状況
自軍PT:ジャッジメント
邪悪を打ち払う鎧邪悪を握り潰す篭手邪悪を憎む心臓邪悪を吹き飛ばす翼邪悪を踏み砕く靴を装備。
手札:10枚

敵軍PT:ファフニール
手札:ウィンドカッター2枚、ジェットストリーム1枚

自軍PTが先攻。
先攻普通タイミングの最初から。

<ヒント>
(1)ウィンドカッター → (2)対抗で邪悪を吹き飛ばす翼 → (3)さらに対抗でウィンドカッター → (4)さらに対抗で邪悪を吹き飛ばす翼
と対抗連鎖をすすめていくと、(4)で歩行になった後、(2)で飛行に戻ってしまい、(1)のウィンドカッターで死亡してしまう。
そのような対抗連鎖にならないように宣言する必要がある。

答えが↓に表示されてないときは、「続きを読む」からどうぞ。
<問題>
いずれの状況でも、極力自軍が全滅せずに戦闘が終了すること。

<状況>
○共通の状況
 自軍本陣戦。
 敵軍が先攻、先攻普通タイミングでバーンアウトを使用。
 それぞれの状況でバーンアウトに対抗するかどうかを決めること。

 自軍PT:機械竜グラシア
 自軍手札:ディスペルマジック、プラズマインパクト、リザレクション
 敵軍PT:それぞれの状況で異なる
 敵軍手札:バーンアウトを含めて4枚。

○状況1
 敵軍PT:雷蛇カリギュラオーク錬金術師団
 雷蛇カリギュラがバーンアウトを使用。

○状況2
 敵軍PT:炎の魔神スルトデュアルカーバンクル
 炎の魔神スルトがバーンアウトを使用。

○状況3
 敵軍PT:レッドソニアナーガ
 レッドソニアがバーンアウトを使用。

●状況4 平田信行ネットビジネスマーケッター 公式


<ヒント>
敵軍PTのアイテム枠、スペル枠、特殊能力を見て、どのような対抗が飛んでくるかを考えて対抗するかしないかを決めよう。

答えが↓に表示されてないときは、「続きを読む」からどうぞ。
<問題>
自軍PTが1体以上生存した状態で戦闘が終了すること。
生存させるユニットはどちらでもよい。

<状況>
リミット8の代理地形。
戦闘開始時は以下のような状態。
自軍PT:ドラゴンヘッド、スネークヘッド
  手札:3枚、封印の札、ウォーターディスラプト、プロテクション
敵軍PT:アーマーン抜刀隊、深き森の騎兵団、七つの海の王子
  手札:1枚、滅びの粉塵、封印の札、魔力のスクロールのいずれか1枚。

敵軍PTが先攻。
普通タイミングで深き森の騎兵団がドラゴンヘッドに「連射」を使用したところから。
(連射に対抗するかどうか、対抗するのであれば何を使うか。)


<カードテキスト>
ドラゴンヘッド 水5/5/4 アイテム1
(行動完了)水中反撃[対抗:攻撃限定|チェイン] パーティ1つが対象。対象が攻撃に参加している場合、【このユニットの攻撃力】ダメージ。

スネークヘッド 水3/3/2 スペル水
(行動完了)水中反撃[対抗:攻撃限定|チェイン] パーティ1つが対象。対象が攻撃に参加している場合、【このユニットの防御力】ダメージ。

アーマーン抜刀隊 水3/3/2 アイテム1 スペル水
(自爆)特別攻撃[普通/対抗] ユニット1体に、【このユニットの攻撃力】ダメージ。

深き森の騎兵団 土3/2/3 チャージ2 スペル土
(行動完了)連射[普通/対抗] ユニット1体に、【このユニットの攻撃力】ダメージ。

七つの海の王子 水2/2/2 アイテム1
(行動完了)海の怒り[普通/対抗] ユニット1体に、「チャージ:対象ユニットの攻撃力/ディフェンダー:対象ユニットの攻撃力の2倍」を与える。

ウォーターディスラプト 戦闘スペル コスト水
[普通/対抗](対象:ユニット1体)対象が「属性:水」の場合、【1D+2】ダメージ。
[対抗:戦闘スペル限定]対象が使用している「属性:水」の戦闘スペルを1つ選び、破棄する。

<ヒント>
「対抗できる」というのは、「対抗しなければいけない」ということではない。
「対抗できるけどしない」というのも1つの戦術。


答えが↓に表示されてないときは、「続きを読む」からどうぞ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。